2020年04月18日

春本番を迎えて



明日は24節季の穀雨です。

「穀雨」とは春雨が百穀を潤すことから名付けられたもので、

この時期に降る雨は「百穀春雨」といわれ、雨で潤った田畑では種まきの好機を迎えます。


image2.jpeg



日差しが暖かさを増し、次々に花が咲き、まさに春本番。

お店の扉の横に置いた寄せ植えの藤が芽吹き、なんともかわいらしい春の景色になりました。

菊が柔らかな芽をふき、足元にはスミレやニワゼキショウ、ヒナソウが花を咲かせています。


image1.jpeg


image0.jpeg



気分の落ち込む日々が続いていますが、

外に目をやると植物の芽吹きや咲かせた花に心癒されます。

我慢の日々が続くなか、身近なところで感じる春を楽しんでみてはいかがでしょうか?


miyoshi


posted by im garden at 16:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

春を楽しむ



暖かさが増し、そろそろ桜も咲きそうですね。

今日は、本格的な春の到来を告げる日、春分です。

昼と夜の長さがほぼ等しくなり、この日を境に太陽が上っている時間が長くなっていきます。

また、「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」という国民の祝日でもあります。


コロナウィルスの影響で、お出かけするのも躊躇してしまいますが

こんな時だからこそおうちの中でゆったりと植物のある暮らしを楽しんんでみてはいかがでしょうか?

庭に出ると草木花も活発に動きだして、かわいらしい若芽や花に心が躍ります。

野山に出かけると、タンポポやスミレも咲いています。

器に挿して部屋の中で春の野辺を楽しみます。



image1.jpeg



image5.jpeg




また、お庭に新しく苗を植えてみるのはいかがでしょう?

bulbeには春咲きの苗もご用意しております。


image6.jpeg



image7.jpeg




今から花を咲かせるイカリソウやキンポウゲ、姫ウツギなど…

楚々とした春の山野草は一輪挿しや小さな器に映えます。



image8.jpeg




五色台の山も春の景色に変わり、若緑や山桜色に染まりなんともかわいらしい眺めになります。

ドライブがてら是非お越しくださいませ。

miyoshi






posted by im garden at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

草花教室「弥生の会」を終えて



完成1.jpeg



一雨ごとに暖かくなり、日差しも春めいてきた啓蟄の今日、

草花教室「弥生の会」が始まりました。

啓蟄は、大地が温まって冬ごもりから目覚めた虫が穴をひらいて顔を出す頃で、

「啓」はひらく、「蟄」は土の中にとじこもっていた虫(蛙や蛇)という意味です。

ひと雨ごとに暖かくなり、日差しも春めいて、生き物が再び活動し始めます。

植物も生き物と同じように土の中からむくむくと地面に出てきています。

そんな芽を出した球根を使い、春の野を写したような寄せ植えを作っていただきました。


苗.jpeg


苗選び.jpeg



思い思いに苗を選び高さや色などに気を配りながら組み合わせを決めます。

かわいらしい小花や草や芽にときめきながらお気に入りのくみあわせが決まったようです。

角度や配置に気を配り、植え込んでいきます。


根洗い.jpeg



苔を貼るとまた一段と素敵に…。

皆さん、とても素敵な作品に仕上がりました。


作品1.jpeg


作品2.jpeg


作品3.jpeg


作品4.jpeg


作品5.jpeg



教室の後はいつものお茶の時間。

今回はLE CAFE DU BONBON(ル カフェ デュ ボンボン)のガトーフロマージュをご用意いたしました。


お菓子.jpeg


お茶の時間.jpeg



お集まりいただいた皆様ありがとうございました。

皆様と一緒に作業する時間はとても楽しく、励みになります。


迎え花.jpeg



次回は4月16日 木曜日

「卯月の会」では、野に出て摘んだ草花を竹籠に入れて楽しみます。

皆様にお会いできることを楽しみにしております。


miyoshi

posted by im garden at 17:38| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする