2017年11月10日

品格を感じる 白いシクラメン



bulbeに入荷したシクラメン

「マイクロゴールデンボーイ」

少しクリームがかった白い花がうつむいて咲く姿は

なんとも品のある雰囲気。

小さくて丸みのあるハート形のつやつやした濃い緑の葉には

シクラメン独特の白いすじが入り、

大人っぽさを醸し出しています。


2017-11-04 14.21.35.jpg



黒いシンプルなモスポットに植えこんでみると…


2017-11-07 13.49.30.jpg



ヤブランと組み合わせてより大人っぽく…。


2017-11-07 13.45.46.jpg



立冬を過ぎ、師走の足音がきこえてくるこのごろ…

落ち着いた雰囲気のシクラメンを一鉢、

贈り物やインテリアに取り入れてみてはいかがでしょう?

miyoshi


posted by im garden at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

リストランテ『THE SODOH』


先日、仕入れのため、京都へ出かけておりました。

その日は、京都につくなり大雪・・・。

しんしんと雪が降り積もり、あたりは一面、銀世界でした。


しかし、どこまでも前向きな私たち(笑)

『雪の京都なんて最高じゃない!!!』なんて、のんきに喜ぶ始末。


重要な仕入れを済ませ、遅めのランチへと出かけました。


その名も『THE SODOH』



雪の京都.jpg




この趣のあるウエルカムウォールを抜け、


京都.jpg



ハランなどがしっとりと配された石畳の坂道を上がり、たどり着くと・・・



雪の京都2.jpg


イタリアンを食せる空間へ・・・。


八坂神社近くに位置し、古くから東山に残る平屋造りの私邸を改装。


日本家屋の優美な佇まいだけでも、ワクワクとゾクゾクが止まらない。


その上、正面の謹まやかなメインエントランスには、

それとは対照的な力強いアガベをどーんと配していたところがなんて憎い演出力・・・。



リストランテ一つといえど、抜かりないセンスを感じた場所でした。



agabe.jpg




お写真は、雪解けの前に撮った一枚。

雪とアガベのコラボレーションも、とっても素敵でした。


雪の京都3.jpg



お味も、サービスも◎で、とても満足できました。


直接的な仕入れとは全く関係がなくても、

ふらりとしているときに、思いがけない場所に出あったり、

発想に驚いたり・・・。


和風のお家だからといって、日本古来からある植物を配さなくても、

近代的なものとの融合によって、さらに深く、ニュアンスのあるものへと進化する。

うん・・・。

とってもお勉強になりました。


また仕入れてきたものは、順にお知らせできたらなぁと思いますので、チェックしていてくださいね。

『THE SODOH』へもぜひ、足を運んでみてくださいませ・・・。


おすすめです♪



                        Fujii



posted by im garden at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

年末年始の営業時間のお知らせ


お久しぶりのブログになってしまいまいました。

気がつけば、もう大みそかまで1週間・・・

1年が終わろうとしております。


そしてなんといっても、今日はクリスマス・・・。

素敵なディナーに囲まれて、ご家族で楽しまれる方も多いのではないでしょうか。






さて、bulbeの年末年始の営業時間のお知らせです。

お休みは 12月30日〜1月6日まで(7日より通常営業)となります。

     29日は16時までの営業となります。

   年内最後の日まで、どうぞよろしくお願いいたします。





さて、お店には、早速、初春を思わせる、『スイセン テイタテイトウ』が入荷して参りました。



テイタテイトウ1.jpg



ここ最近は、東洋のものや日本の古いものがとても気になっております。

このうつわと相性がいいのでは・・・と思い、

中国は清の時代の骨董のうつわと合わせてみました。


うんうん、いいかんじ・・・


テイタテイトウ2.jpg



早くも気分は新年に向かっています。


スイセンを見ると、いつもシャキッとした気持ちにさせられます。



そして、背後に見えるかげ・・

これがまた、美しくてうっとり・・・


テイタテイトウ3.jpg




クリスマスが終わると、一気に新春に向けて切り替わる。

そんな瞬間も、日本人らしく、趣深く味わいたいと思います。



                                Fujii
  






posted by im garden at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする