2018年01月27日

春を呼び込む小さな寄せ植え




厳しい寒さが続いていますがいかがお過ごしでしょうか?


bulbeは冬のイメージから早春のイメージのディスプレイに変更しています。

冬から春へ移り変わるこの時期に寄せ植えを作ったり、

これから花期を迎える苗を入荷したり、お庭の手入れをしたりと

春を迎える準備は一年のうちで一番ワクワクするお仕事です。



ディスプレイに合わせて、冬と春の間の静かだけどかすかなワクワクを秘めた野をイメージして寄せ植えを作ってみました。

水も凍る寒さの中、むくむくと土からかわいらしい芽を出した球根…

花の少ない時期に落ち葉の積もった庭でひっそりと咲くクリスマスローズ…

やわらかなみずみずしい葉に小さな薄い花びらが可愛らしいクモマソウ…

どれも清楚で魅力的です。


クリスマスローズヒヤシンスブリキ皿.jpg

クモマグサモス皿400.jpg



外の寒さとはうらはらに店内では小さな春が…

寄せ植えに忍ばせていた球根から小さな小さな白いムスカリが花を咲かせました。

とてもかわいい小さな花はお日様の光を浴びてキラキラ輝いてみえます。


咲いたムスカリシャーレ2.jpg



これからどんどん芽を出す球根や、宿根草・多年草などの植物を暮らしの中に取り入れて

ワクワクする春を呼び込んでみてはいかがでしょうか?

miyoshi










posted by im garden at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。