2016年10月17日

今日の花『ヤマホロシ』


『ヤマホロシ』

なかなか馴染みのないような名前ですが、別名は『ツルハナナス』です。


今日の花.jpg



とても育てやすく、

この清楚で純粋なお花も4月ごろから11月末ごろまで楽しませてくれ、

常緑というのもとてもありがたい花苗です。


今日の花1.jpg



グレー色に染められた、素敵な花器に入れてみました。

今の気分にぴったりです。

和にも洋にも、溶け込みやすく、柔軟なイメージの『ヤマホロシ』

つる性なので、構造物に絡ませてもとても魅力的だと思います。




他にもbulbe店内、球根がたくさん入荷しております。

今回は、ちょっと珍しい優しいピンク色をしたムスカリや、

薄くブルーがかったプシキニア、

ちいさいサイズがかわいらしいミニ水仙や、チューリップ、ヒヤシンスなど・・・。


今から、早春の楽しみの一つとして、こっそり植えておくのもいいですね。

少しずつ秋めいている店内、

ぜひ覗きにいらしてくださいませ・・・。



                          Fujii



posted by im garden at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

枯れゆく花の、儚さの中に残る美しさ・・・



どのような言葉で表現すればよいのでしょうか・・・。


初秋の夕暮れ時・・・

通りなれた道端を、

低くなった夕日に照らされて、

終わりかけの小さな小さなダリアが、とても美しく見えました。



枯美.jpg



とりとめもない時間を過ごしているとき、

自然がもたらす借景に、驚くほどはっとさせれることが度々あります。

特に、秋は多いような・・・。

このシーンを見た瞬間、息を止めて見入ってしまう自分がいました。




DSC_4996.JPG



首が折れてしまった花を摘み、

おもむろに束ねてみる。

あぁ、やっぱり美しい・・・。

プチダリア.jpg



ここの古板にも合うに違いない。


そこから花遊びが始まり、いつもあっという間に時間が過ぎてゆくのです。



この花の名は、『プチダリア ハミングブロンズ エターニティ』

春先にみられた方も多いと思います。

あの元気よく咲いたダリアが、終わりを告げるころ、

改めて品格のある大人な美しさへと移ろいゆく・・・。


『枯寂』という言葉もなんとなく違うような気もしますが、

枯れゆく姿が、とても静寂で美しいと思えるのです。



ひとときも目が離せない秋の庭。

次はどんな姿を披露してくれるのでしょうか・・・

些細な草花達のひとつひとつの仕草まで、じっとみていたいなぁと思うこのごろです。


                           Fujii












posted by im garden at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする