2020年01月25日

春を呼ぶ草花



image2.jpeg



去年から育てていたショウジョウバカマが蕾をつけていました。

今年の春は花を咲かせてくれるようです。


ショウジョウバカマという名前は紅色の花を

能楽で使う能装束の空想上の「猩々」(オランウータンの意味もある)赤い頭の毛と見立て、

花の下の葉を袴と考えたものだと言われているそうです。

地面に張り付くように伸ばした葉の真ん中から花茎を伸ばし、花を咲かせます。

咲いた花びらが変色してうなだれた後、さらに30〜50cmになるまで茎を急激に伸ばし果実をつけるそうです。

蕾から花を咲かせてやがて種になるまでどんどん姿を変えていく様子を楽しむことができそうです。



image0.jpeg




よく見ると葉っぱの先には小さな新芽が…新しい芽吹きは春のお楽しみですね。


image1.jpeg



花の命は短い…花が咲いて散るまでは本当にあっという間です。

その一瞬を愛でて楽しむのはもちろんですが、

花茎を伸ばし始めてから花を咲かせ、更に種をつけて枯れていく様子を楽しんでみてはいかがでしょう?


miyoshi



posted by im garden at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

草花教室のご案内


草花教室1.jpg



如月の会/根付きの草花を押し花にしたものを額装します。

2月6日(木曜日) 10:00〜12:00

料金/7900円

草花の自然な姿をそのままに

予め根付きで押し花にしたものを和紙のベースに額装していただきます。

生花とは又違った草花の魅力を感じていただき、

お部屋に飾ったり、贈り物にされたりと、お楽しみいただけたらと思います。


草花教室3.jpg


草花教室2.jpg


弥生の会/土から芽を出し始めた球根植物を使った早春の寄せ植えを作ります。

3月5日(木曜日) 10:00〜12:00

料金/7900円

かじかむ手に白い息を吐きかけながら歩く寒さが残る森で見つけた

芽を出し始め小さな花をつけ始めた草花に出会った時の胸の高鳴りを感じさせてくれるような

寄せ植えをおつくりいただきます。




卯月の会/春の野に出て草花を摘み竹籠に生けます。

4月16日(木曜日) 10:00〜12:00

料金/6900円

にぎわいだした春の野に出て、思い思いに草花を摘み、

それぞれのもつ魅力を引き出しながら竹籠に春をいけていただきます。


各回とも教室の後に、お茶とお菓子をご用意いたします。





わずかながらまだお席がございます。

春を存分に楽しむことのできる草花教室に是非ご参加くださいませ。
(各会ごとの申し込みも可能です。)

お申し込みはお電話にて受け付けております。

花屋 bulbe 0877-47-1260
posted by im garden at 12:19| Comment(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

2019年の感謝を込めて



image3.jpeg




今年も残すところあとわずかとなりました。

2019年もお店にいらしてくれる皆様と素敵な時間を共有させていただき、

とても楽しく充実した一年になりました。

また、イベントへの出店の際には私共のことを知らなかった方や

以前から知っていたけどお店に来たことがなかった方などとの

新しい出会いもありました。


image2.jpeg


image1.jpeg


来る年も皆様に楽しんでいただけるようしつらえ、暮らしの道具や草木花と共にお待ちしております。

本年もご愛顧いただき誠にありがとうございました。

よいお年をお迎えください。


●年内営業/12月28日(土曜日)17:00まで

●年始営業開始/1月8日(水曜日)
posted by im garden at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする